「めぐりあい-do」は、今では珍しくなったといわれる『昔ながらの仲人』の事務局です。通うことなく自宅で出来る婚活サポートがたいへん好評です。

恋活・婚活交流促進事業

めぐりあい-do

営業時間

11:00~19:00毎日受付中

会話はキャッチボール、自分が常に投手ではいけません

会話はキャッチボール、常に自分が投手ではいけません

会話はキャッチボール

会話というものは誰でも簡単にできているようで、実はものすごく奥深いものです。

会話ひとつで、その人の人柄や本音がハッキリと出てきます。

そう、本当に侮ってはいけないのが、会話なのです。

だからこそ、普段から自分の内面を磨く必要が実はあるのです。

・自分自身を常に中心に置いている人は、相手を受け止める前に、自分のことを受け止めてもらおうとしてしまい、会話が一方通行になり相手に話す間を与えません。

・相手を好きなのではなく、自分の人生を快適にするために“相手を必要としている”場合は、出てくる発言は、自分勝手なものばかりになりがち。会話が独りよがりで、相手への気遣いが見えないことが多いです。

・普段から物事を皮肉った目で見ている人は、自分では気を付けているつもりでも、意地悪な発言や差別的な言葉がポロッと出てきたり、人を名指しで批判したりもします。

逆に、普段から人に対して優しさを持っている人は、言葉ひとつひとつが温かいのです。

だから、本人が意識的に好かれるようなことをしなくても、人から好かれるのです。

気になる人の前だけで素敵な人になろうと思っても、そんなに甘くはありません。

自分が根本的に持っているものです。

いくら取り繕っても次から次へとボロが出てきてしまいます。

こういうことは、人と人、男女の会話でもいえることです。

・自分のことばかりではなく、目の前の相手に気持ちを向けること。

・目の前の相手に興味を持つこと。

・目の前の相手の話をよく聞くこと。

・目の前の相手の立場に立って、会話をすること。

・目の前の相手をちゃんと人として好きになること。

・普段から、優しい気持ちを持つようにすること。

結局、会話は1人でできるものではなく、相手との“言葉と思いのキャッチボール“なのです。

だからこそ、相手がどんなボールを投げているかをよく見ないといけません。

さらに、相手のことをよく見て、投げるボールを選ぶ必要があります。

そして、自分勝手な投球をピッチャーのように一方的にしても、文句を言わずにただひたすらキャッチだけをしてくれる相手はとても人間が出来ていることを知りましょう。

相手に構わず、得意気に変化球ばかりを投げていて、相手に投げさせる間も与えないなんて言うのは、自分勝手で甘ったれのガキンチョみたいで最悪です。

これらのことを強く心掛けて、相手との会話を楽しみましょう。

強く意識して継続しなければ直っていかないことでもあることを明記しておきます。

結婚相談・婚活入門へ

お問合せはこちら

問合せ

お気軽にお問合せくださいませ

受付時間:11:00~19:00

お電話いただいた際に、面談中などで電話に出られない場合があります。(注:ご面談はご自宅またはファミレス等に仲人がお伺いします。ご来店による面談はお受けしておりませんのでご了承くださいませ。)
※法人営業メールはすべて未読削除させていただきます。

サイドメニュー

事務局紹介

めぐりあい-doロゴ

めぐりあい−do事務局
(ピュアマネージ)

営業時間:11:00~19:00

定休日:水曜

BIUロゴ