「めぐりあい-do」は、今では珍しくなったといわれる『昔ながらの仲人』の事務局です。通うことなく自宅で出来る婚活サポートがたいへん好評です。

恋活・婚活交流促進事業

めぐりあい-do

営業時間

11:00~19:00毎日受付中

「自分は独占されたらウザいけど、相手のことは独占したい」

「自分は独占されたらウザいけど、相手のことは独占したい」

デート

「愛されているから、友達と呑みに行っても必ず電話が来て迎えに来てくれる」

交際相手がいる女性からよく聞くフレーズです。

「自分は相手のことを本気で好きから、自分だけのものにしたい!」と思っている人は多いものです。

でも、それは愛情であることには間違いないですが、さらに強い独占欲が先行しているかもしれません。

もちろん好きでもない人を独占したいとは思わないでしょう。

相手のことが好きだから、相手が他の異性と仲良くしていると嫉妬したり、やきもちを焼いたりするのは自然な感情でもあります。

ただ、よくあるのは相手への愛情というよりももっと強い自分を守る感情だったりします。

どういうことかというと、『もしかしたら、自分以外の相手を好きになって彼女を取られてしまうかもしれない…』から、じっとしていられない独占欲感情だったりするのです。

もしそうだとしたら、それは《彼女の幸せ》のためといえるでしょうか?

彼女ではなく、《自分の幸せ》のためとなっているのです。

本当の愛情は、《自分も彼女も幸せ》ということ。

本当に人を愛するようになると、彼女の幸せを心から願い、自分のことのように思えるようになります。

でも、独占欲が強い人は、彼女が学生時代のクラスで仲の良かった男女で飲み会がある、といったら気になって仕方なく、

22時を過ぎてもメールが無ければ心配で、「終わった?」なんてメールをしてしまったりします。

「まだ、みんなと一緒」なんてメールが届くと、やきもきして自分が安心するために「まだ呑んでんの?遅いから迎えに行くよ」となっていきます。

つまり、そこにあるのは愛というより、《自分を安心させるために彼女が1秒でも早く帰ることを望んでいる欲求》に過ぎません。

もちろん、原点にあるのは彼女が好きだから、であることには間違いありません。

何年も会っていなかった友達と本当に久し振りに会ったら、友達だけのとても楽しい時間を過ごしていると思います。

逆に自分がそういう立場でいる時に、「まだ呑んでんの?もう遅いから帰った方がいいよ」と彼女から自分が言われたら、ウザく思ったりするものです。

つまり、多くの人にとっては、「自分は独占されたらウザいけど、相手のことは独占したい」ものなのです。

だからこそ、独占欲は、相手のためではなく、“自分のための欲望”なのです。

理性のある人達というのは、「付き合っている」「結婚している」という約束を交わすことで、《あなた以外の人と恋愛関係になりません》という理性が働いているのですから、彼女が誰かに取られてしまう、なんてことは起こりません。

それは愛情があるからでもあります。普通はテレビドラマのような不純なアクシデントは簡単には起きないものです。

お互いを信じているから「付き合っている」のであって、信じてなければ「付き合っていない」はずです。

《独占欲》と聞いて、良いものか良くなさそうなものか、想像してどちらでしょうか?

もし、良くなさそう、と感じたのであれば、『本当の愛情』は《自分も彼女も幸せ》であることなんだと思い出してください。

そして、愛し愛されているんだ、ということに自信を持ちましょう。

《独占欲》は自信の無さの表れでもあるんですよ。

 

❤ちょっと一息コラムへ

お問合せはこちら

問合せ

お気軽にお問合せくださいませ

受付時間:11:00~19:00

お電話いただいた際に、面談中などで電話に出られない場合があります。(注:ご面談はご自宅またはファミレス等に仲人がお伺いします。ご来店による面談はお受けしておりませんのでご了承くださいませ。)
※法人営業メールはすべて未読削除させていただきます。

サイドメニュー

事務局紹介

めぐりあい-doロゴ

めぐりあい−do事務局
(ピュアマネージ)

営業時間:11:00~19:00

定休日:水曜

BIUロゴ